黒の月: 月の祭壇の単行本は?日本語版は?原作は韓国小説。原作を無料で読む方法は?

「黒の月: 月の祭壇」は、LINEマンガ独占配信中の漫画。

2022年8月時点、23話まで配信されています。

あらすじ

誰のことも愛せないヴァンパイアと一人の人間しか愛せない人狼。 リバーフィールド地域にある二つの学校の大人気グループである彼らの前に正体不明の一人の女子生徒が転校して来て以来、恐ろしい事件が起こるようになる。 相手の仕業だと思ったヴァンパイアと人狼たちは互いに警戒心を抱くが、それと同時にどこか怪しい転校生スハに強烈な魅力を感じ次第に夢中になっていく。 前世から続いてきた強い運命で結ばれた少年たちと少女、その正体は少しずつ明らかになり、彼らの世界は完全に変わり始めていくのだが… 「僕が君を信じてるってことをわかってくれたとき、君が君自身を信じられたとき、そのときは絶対に僕の首を噛んでね」 繋がりを通して発見し、成長する少年たちの大叙事詩。 黒の月:月の祭壇 with ENHYPEN

LINEマンガ

本記事では、「黒の月: 月の祭壇」の

  • 「黒の月: 月の祭壇」の単行本は販売されている?
  • 日本語版はある?
  • 韓国の原作が読めるサイトはどこ?

についてまとめました。

目次

「黒の月: 月の祭壇」の単行本は?

単行本(韓国語)は現在発売されていません。(2022.9.5時点)

WEB上で読みたいかたは、以下サイトに掲載があります。

NAVER SERIES
NAVER

「黒の月: 月の祭壇」の日本語版の単行本は?

日本語版の単行本は現在発売されていません。(2022.9.5時点)

「黒の月: 月の祭壇」の原作は韓国の小説

「黒の月: 月の祭壇」の原作は韓国小説です。

原作小説が読めるサイトは以下になります。

NAVER SERIES
LINEマンガ

ブック放題に登録はすんでいますか?

ブック放題は、漫画40,000冊以上雑誌700誌以上
月額550円(税込)で読めるコスパに優れた読み放題サービスで
同種サービス比較でのコストパフォーマンスは最強です
マンガをできるだけ安く大量に読みたいという方にはピッタリのサービス!
雑誌もSeventeen、MORE、Can Can、Vi Vi、JJ、non-no・るるぶなど
また、TL・BL・大人向けマンガもあり読むのに困ることはありませんよ

>>ブック放題を確認する

「黒の月: 月の祭壇」の感想・口コミ

「黒の月: 月の祭壇」の感想・口コミをまとめました。

まとめ

「黒の月: 月の祭壇」についての、単行本や掲載サイトについてまとめました。

ハングル文字が読めるかたはWEB上で読めるので、より原作の雰囲気を楽しめますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる