メモリーハンターの単行本は?日本語版は?原作は韓国小説。原作を無料で読む方法は?

「メモリーハンター」は、ピッコマ独占配信中の漫画。

2022年9月時点、33話まで配信されています。

あらすじ

人間の自我と性格を作り出す根源とも言える「記憶」 その記憶をまるでメモリーカードを開くように覗き見て、自由に削除することも操作することもできる近未来。 情報局所属のメモリーハンター「KH-7」は、上層部の命令によって自身に移植された記憶の中から、家族を殺したテロリストの記憶を盗み出す。しかし、テロリストの記憶の中で、死んだはずの娘の姿を発見し、自身が持っていた記憶と組織への疑いが芽生え始める…。 他人に操作された記憶を持つ「自分」は果たして誰なのか、失われた記憶は何なのか、誰がどんな意図で自分を狙ったのか。 アンドロイドKH-7ではなく、人間・葉山拓巳(はやま たくみ)の人生を取り戻すため、彼は動き出す―。

ピッコマ

本記事では、「メモリーハンター」の

  • 「メモリーハンター」の単行本は販売されている?
  • 日本語版はある?
  • 韓国の原作が読めるサイトはどこ?

についてまとめました。

目次

「メモリーハンター」の単行本は?

単行本(韓国語)は現在発売されていません(2022.9.14)

WEB上で読みたいかたは、以下サイトに掲載があります。

kakao page

「メモリーハンター」の日本語版の単行本は?

日本語版の単行本は現在発売されていません(2022.9.14)

ブック放題に登録はすんでいますか?

ブック放題は、漫画40,000冊以上雑誌700誌以上
月額550円(税込)で読めるコスパに優れた読み放題サービスで
同種サービス比較でのコストパフォーマンスは最強です
マンガをできるだけ安く大量に読みたいという方にはピッタリのサービス!
雑誌もSeventeen、MORE、Can Can、Vi Vi、JJ、non-no・るるぶなど
また、TL・BL・大人向けマンガもあり読むのに困ることはありませんよ

>>ブック放題を確認する

「メモリーハンター」の原作は韓国の小説

「メモリーハンター」の原作は見当たりませんでした。

まとめ

「メモリーハンター」についての、単行本や掲載サイトについてまとめました。

ハングル文字が読めるかたはWEB上で読めるので、より原作の雰囲気を楽しめますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる