私が殺したの単行本は?日本語版は?原作は韓国小説。原作を無料で読む方法は?

「私が殺した」は、ピッコマ独占配信中の漫画。

2022年11月時点、35話まで配信されています。

あらすじ

「私が殺した」そう話すのは弁護士キム・ムイルの事務所に突如現れた、ひとりの男性。 7年前に自身が犯した殺人を告白し、自首を決意する。 しかし自首をする直前、彼は何者かに殺される。 依頼者の死の真相を追うキム・ムイルと、事件に隠された陰謀を探る女刑事シン・ヨジュ。 誰が味方か分からない、黒幕は誰だ!? 繰り返されるどんでん返し!スリルが止まらないロマンス推理ドラマ。

ピッコマ

本記事では、「私が殺した」の

  • 「私が殺した」の単行本は販売されている?
  • 日本語版はある?
  • 韓国の原作が読めるサイトはどこ?

についてまとめました。

目次

「私が殺した」の単行本は?

単行本(韓国語)は現在発売されていません(2022.11.13)

WEB上で読みたいかたは、以下サイトに掲載があります。

※年齢制限のため観覧が厳しいです(kakao page)

kakao page
KAKAO WEBTOON

「私が殺した」の日本語版の単行本は?

日本語版の単行本は現在発売されていません(2022.11.13)

ブック放題に登録はすんでいますか?

ブック放題は、漫画40,000冊以上雑誌700誌以上
月額550円(税込)で読めるコスパに優れた読み放題サービスで
同種サービス比較でのコストパフォーマンスは最強です
マンガをできるだけ安く大量に読みたいという方にはピッタリのサービス!
雑誌もSeventeen、MORE、Can Can、Vi Vi、JJ、non-no・るるぶなど
また、TL・BL・大人向けマンガもあり読むのに困ることはありませんよ

>>ブック放題を確認する

「私が殺した」の原作は韓国の小説

「私が殺した」の原作は韓国小説です。

原作小説が読めるサイトは以下になります。

kakao page

かめこ

小説版は完結済です

まとめ

「私が殺した」についての、単行本や掲載サイトについてまとめました。

ハングル文字が読めるかたはWEB上で読めるので、より原作の雰囲気を楽しめますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次