余命わずかの脇役令嬢の単行本は?日本語版は?原作は韓国小説。原作を無料で読む方法は?

「余命わずかの脇役令嬢」は、ピッコマ独占配信中の漫画。

2022年7月時点、35話まで配信されています。

あらすじ

家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。

絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…

ピッコマ

本記事では、「余命わずかの脇役令嬢」の

  • 「余命わずかの脇役令嬢」の単行本は販売されている?
  • 日本語版はある?
  • 韓国の原作が読めるサイトはどこ?

についてまとめました。

目次

「余命わずかの脇役令嬢」の単行本は?

単行本(韓国語)は現在発売されていません。(2022.7.5時点)

WEB上で読みたいかたは、以下サイトに掲載があります。

kakao page

「余命わずかの脇役令嬢」の日本語版の単行本は?

日本語版の単行本は現在発売されていません。(2022.7.5時点)

「余命わずかの脇役令嬢」の原作は韓国の小説

「余命わずかの脇役令嬢」の原作は韓国小説です。4巻まで発売されています。

原作小説が読めるサイトは以下になります。

kakao page
RIDIBOOKS

ブック放題に登録はすんでいますか?

ブック放題は、漫画40,000冊以上雑誌700誌以上が月額550円(税込)で読めるコスパに優れた読み放題サービスです
マンガをできるだけ安く大量に読みたいという方にはピッタリのサービス!
雑誌も、Seventeen、MORE、Can Can、Vi Vi、JJ、non-no・るるぶ等があり読むのに困ることはありませんよ

>>ブック放題を確認する

「余命わずかの脇役令嬢」の感想・口コミ

「余命わずかの脇役令嬢」の感想・口コミをまとめました。

まとめ

「余命わずかの脇役令嬢」についての、単行本や掲載サイトについてまとめました。

ハングル文字が読めるかたはWEB上で読めるので、より原作の雰囲気を楽しめますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる