【13話】<ディア・イングレッド> ネタバレ・感想

目次

前回まで

リーガンの母の招待で屋敷に招かれたインガ。

3人でディナーの予定が、1人がけるリーガン。

帰宅したリーガンはひどく酔っており、インガが介抱を行うことになった。

【13話】<ディア・イングレッド> ネタバレ

インガに脱げと命令する酔っぱらいのリーガン。

インガがやめてと告げる前に「最悪だ、こんな人生。なんで俺は…。」とインガを抱きしめ眠りにつく。

インガは一晩中リーガンに添い寝をして過ごす。

 

翌朝、隣りにインガがいることに驚き焦るリーガン。

インガはリーガンに”私が憎い。”とうなされていた。

「私のどこがそんなに気に入らないのですか?」と聞いてみる。

「わからないのか?」と答えるリーガン。

突如「今までの無礼をどうかお許しください。最後にもう一度だけ返事を聞かせてほしい。これで断られたら結婚は諦めます。」とリーガンに言うインガ。

裏があるのかと聞くリーガンにインガは本心だと答える。

「あんたとは結婚しない。」と言うリーガン。

インガは「かしこまりました。セウェルス国王との破断のご恩は必ずお返しいたします。どうかお元気で…。」とリーガンに告げ部屋をでていく。

“これで終わったのか?こんなにあっさりと?”と疑問をもつリーガン。

 

ファルネーゼ公爵がリーガンの家にやってくる。

インガを怒鳴りつけたあと「リーガン・エスペンサー。覚悟ができているのか。今すぐでてこい!」と声を荒げる。

「彼はなにも悪くない。やめて!」とインガに言われ怒りが抑えられなくなったファルネーゼ公爵。

「ファルネーゼ家に娼婦の娘はおらん!徹底的に教育し直してやる!」とインガに掴みかかる…。

管理人、ドハマりのおすすめTL『お嬢様はお仕置きが好き』はこちら

感想

インガがあっさりと引いたのが謎。リーガンの心の声に同意です。

婚約解消が目的ならリーガンである必要は全くないですよね~。

それにしても、ファルネーゼ家は父・兄1・兄2の全員がすぐに手がでるタイプで恐ろしいです。

 

それでは、また次回!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる