【14話】<ディア・イングレッド> ネタバレ・感想

目次

前回まで

リーガンに「お前とは結婚しない。」と告げられたインガ。

それを淡々と受けいれ去るインガに驚くリーガン。

そのタイミングで、屋敷にファルネーゼ公爵が訪れ「徹底的に教育し直してやる!」とインガに掴みかかる。

【14話】<ディア・イングレッド> ネタバレ

父であるファルネーゼ公爵に掴みかかられ屋敷を去るインガ。

リーガンが”お呼びですか?”と現れ、ファルネーゼ公爵に罵詈雑言を浴びせられる。

”そんなに俺が気に入らないなら陛下に直談判をしろ。王族を罵倒するなど無礼にも程がある!”とファルネーゼ公爵に反撃。

怒りで震えるファルネーゼ公爵。

さらにとどめの一言を言うリーガン。

「万が一俺の目が届かないところで未来のエスペンサー公爵夫人に手を挙げたら、陛下にありのままを告げてやるからな」

この発言にはリーガン母も驚きを隠せない。

分が悪いと感じファルネーゼ公爵はインガに帰るぞと告げ、インガとともに屋敷を去る。

屋敷を去る直前、インガはリーガンにさきほどの話は本当か?とたずね、返答に困るリーガン。

早く式の日取りを決めましょうね!とリーガンに告げ今度こそ、屋敷を去った。

 

”やっちまった”と汗ばむリーガン。

 

この日の出来事は国王の耳にも届き、リーガンとファルネーゼ公爵は王室から呼び出しをくらう。

この一件により2人の結婚は予定より早まり1月に挙式が決定した。

 

11月半ば。夜の社交界に行くリーガン。

ダニエルからインガの別名、ホワイト・ディアの話を聞くリーガン。

宮廷学士があだ名をつけたと知り、インガがいつも見ていた男は宮廷学士だと確信する。

 

話の最中、ベラがリーガンの前に現れる。

管理人、ドハマりのおすすめTL『お嬢様はお仕置きが好き』はこちら

感想

結局、結婚することになりましたね。

未来のエスペンサー公爵夫人のくだりは少しきゅんとしました。

ベラさんをみるとインガが幼いですね。

リーガンの妹でもいけるのでは…。

というか絶世の美女ではないですよね。

インガは綺麗より、可愛いという響きがあうかなと思います。セクシーよりキュート。

 

それでは、また次回!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる