【15話】<ディア・イングレッド> ネタバレ・感想

目次

前回まで

インガとの結婚を回避するどころか挙式が早まり、夜の社交界へ足を運んだリーガン。

ホワイト・ディアは宮廷学士がつけたあだ名と知り、インガが見ていたのは宮廷学士だと確信したリーガン。

そんなリーガンの前にベラが現れて…。

【15話】<ディア・イングレッド> ネタバレ

ダニエルの忠告もきかずリーガンにすり寄るベラ。

“インガを抱いた手だと汚く感じる”と言い、リーガンの手を振りはらう。

「だったら失せるんだな」とリーガンはベラを睨む。

そう言われようとも、”やっぱりインガと寝たのね”と話しかけつつも再度リーガンにすり寄るベラ。

そんなベラにリーガンは言います。

「今のお前は2番目の元妻と同じ。しつこくてうっとうしい。お前も知ってるだろ?誰よりもあいつをバカにしていたよな。」と。

「あんな女と一緒にしないで。」とベラは再度リーガンにすり寄りますが、失せろと拒絶される。

 

インガの2番目の兄であるエドウィン・フォルネーゼがスーツを着てリーガンの前に現れます。

口調を改め「お時間よろしいでしょうか。」とリーガンに話しかける。

ダニエルは外し、エドウィンと2人きりで話すリーガン。

一連の事件は妹の計画だと知っているが、本気でインガと結婚するつもりなのかとリーガンに質問する。

「あれだけ懇願されたら断れないだろ?」とエドウィンを挑発するリーガン。

 

エドウィンはリーガンに、妹が愛してやまない相手がいることを言う。

インガが愛してやまない相手の名はヘクトル・アベリー。

彼は2年前までインガの家庭教師だったが、インガとの関係がばれたためファルネーゼ公爵に追い出される。

また、インガの目の前で死ぬ直前までムチで打たれ続けた。

インガは自分の名誉を汚してでも、ヘクトル・アベリーを守りたかった。

インガがエルヴィーニを離れたくない理由はヘクトル・アベリ―がいるから。

「何も知らねぇ部外者なのに調子に乗るな!」とエドウィンはリーガンに告げる。

管理人、ドハマりのおすすめTL『お嬢様はお仕置きが好き』はこちら

感想

ベラさん必死でしたね。なんとも空しいです。綺麗なのにもったいない。

インガがエルヴィーニを離れたくない理由は、やはり宮廷学士でした。

一体どんな人なんでしょう。優しい系のお兄さんかな?

個人的に外見はヘクトル・アベリーよりリーガンが好きですね。

 

それでは、また次回!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる