【18話】<ディア・イングレッド> ネタバレ・感想

目次

前回まで

インガとの結婚式後、インガを放置し部屋のベッドで眠ってしまったリーガン。

目が覚めると隣にはインガがいて…。

【18話】<ディア・イングレッド> ネタバレ

隣にインガがいることに気づいたリーガン。これまでのことに思いをめぐらせます。

”そうだ。俺はこの女と結婚したんだった。”

”俺の意思とは関係なく、俺と結婚してまでここに残りたかった理由が…”

”平民学士のためだったとは…”と。

 

「いつまで寝たふりを続けるつもりだ?」とリーガンはインガを起こそうとします。

が、インガが「疲れているのです。」と返答。

リーガンはインガの腕を引き寄せます。

インガは顔を手で覆い泣いていたのです。

「泣いているのか?俺を見ろ!」とインガに言います。

化粧が崩れていると言うインガに対してリーガンは「騙されるか!」と言い、インガの手をひっぱります。

インガの目からは涙がとめどなく流れていました。

インガは「家族がみんな帰ってしまったのが悲しくて…。」と言うのでした。

「泣いている女を抱く趣味はない」と言うリーガンに対してインガは泣きながら「ごめんなさい。」と謝り続けます。

気分が悪くなったリーガンはその場を去ろうとします。

 

その場を去るリーガンの袖をインガが掴みます。

放せ、とリーガンは言うもののインガは「もう泣きません。だから行かないで。初夜じゃありませんか…。」と目に涙をためて言います。

「何で俺だ?泣くほど嫌いなくせになんで俺と結婚した!?」声を荒げリーガンが言います。

インガの答えはこうでした。

”確かにリーガンである必要はなかった。でも、私は決めた。あなたと人生を共にすると…。”

インガにまたがるリーガン。

お前は俺のことを何もわかっていない。と言うリーガンに対して教えてくださいと言うインガ。

そして、リーガンは「お前は必ずしも俺である必要はないと言った。だが、俺に抱かれると決めた以上、俺以外の男を見るのは許さない。自分がどんな男を巻き込んだのか、その身体で感じてみろ。」と言うのでした。

 

一夜をともにした2人。

しかし、ふとリーガンは違和感を覚えます。

シーツをめくるとそこには血がついていたのでした。

管理人、ドハマりのおすすめTL『お嬢様はお仕置きが好き』はこちら

感想

う~ん、リーガンは嫉妬かな?

インガはほんと意味不明ですね。

泣くほど嫌ならリーガンを引き留めるべきではなかったのでは。

リーガンはお薬絶ちして夜の社交界も行くの辞めて、早くインガと仲良くしてくれ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる