【21話】<ディア・イングレッド> ネタバレ・感想

目次

前回まで

ダニエルの家へ訪れたリーガン。

直後、アデル・ジェインも訪れたが泣いて取り乱している様子。

【21話】<ディア・イングレッド> ネタバレ

泣きながらダニエルに抱きつくアデル・ジェイン。

「お前たちってそういう関係だったのか?」驚きながらリーガンは尋ねる。

が、2人して「まさか!」と返答。

 

ダニエルがアデルをなだめ、泣いている理由を尋ねる。

「妊娠したの」とアデルは言う。

茫然とするダニエルとは対照的にやれやれといった表情のリーガン。

「バカかお前!ジェイン伯爵が知ってしまったら大事だぞ!」とダニエルは言う。

「わかってる。だから困ってるのよ。」と泣きながら言うアデル。

そん2人をよそにリーガンは”助かったぜ。お前とは最近してないから、俺のガキではないな。”と。

さらに続けて「お前の日ごろの行いが招いた結果だろ。」とリーガンは言う。

「リーガン。これも全部あんたのせいなんだから!あんたの結婚式のせいよ!」と怒り泣きながらアデルは言う。

「悪くない相手なら結婚しちまえ」とリーガンは言ったが、結婚できないとアデルは言う。

ダニエルが相手を尋ねるとアデルは答えた。

「…宮廷学士」

顔つきが変わるリーガン。アデルの手を掴み「名前は?」と尋ねる。

そしてアデルは言った。

妊娠した相手は「ヘクトル・アベリー」と。

”ハッ”と不気味な笑みをみせるリーガン。

どちらから誘惑したんだとリーガンはアデルに尋ねる。

「貴族であるお前がわざわざ平民の男を誘いはしないだろう?」と。

 

 

ひと月前のリーガンの結婚式。

女に囲まれ鼻の下を伸ばしているベントリーに怒り結婚式場を飛び出したアデル。

そして、廊下でぶつかった相手こそがヘクトル・アベリーだった。

手や頬が傷だらけの様子に、サディストである彼女は興奮して彼を誘い出したのであった。

 

 

誘い出したのがアデルだと判明するなり、ダニエルに薬の要求をするリーガン。

”面白くなってきたじゃねぇか”と思い部屋を去るのであった。

管理人、ドハマりのおすすめTL『お嬢様はお仕置きが好き』はこちら

感想

ヘクトル・アベリーだけは、このマンガで唯一マシな男だと思っていましたが最悪やろーでした。

アデルは産むのかな?

そして、リーガンはこのことをインガに言うんだろうなぁ~

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる