【27話】<ディア・イングレッド> ネタバレ・感想

目次

前回まで

ベントリーと2人きりになったアデルだが、駆け足でベントリーから去った。

【27話】<ディア・イングレッド> ネタバレ

走り去るアデルを追いかけるベントリー。

アデルを捕まえるも、アデルの様子は普段とは異なる様子。

悩みがあるなら相談してくれとベントリーは言うが、アデルは喋らず無言。

そんなアデルにベントリーは結婚しようとプロポーズをする。

驚くアデル。

君を自由にしてやれるし、ジェイン伯爵の印象も悪くない。なにより僕たちは相性がいいだろう?とアデルに語りかけるベントリー。

ベントリーの胸で泣き続けるアデル。

そして、妊娠したことを泣きながらベントリーに伝える。

無言になるベントリー。

私もう死んじゃいたいというアデルにベントリーは、君は本当に変わらないなとアデルの髪の毛にキスをした。

 

 

会場へ戻ったインガの元にダニエルが挨拶をしにくる。

顔色が悪いが大丈夫ですか?と心配するダニエルに、戻ってきたリーガンが余計なお世話だと返答する。

ダニエルがリーガンをみると、やつれて酷い顔をしており薬を使用したのか心配する。

 

 

会場にピアノの音楽が流れる。

このピアノの演奏者こそ、ヘクトル・アベリーだった。

ダニエルがリーガンに”お前が探していた男だぞ”と言うも、リーガンは”妻にしか興味ない。いますぐにでも脱がせてやりたいぐらいにな”と返答する。

続けて”お前が望むならこの場で愛でてやってもいい”とも言った。

我慢がならないインガはリーガンに、あなたは正気ではないと言いリーガンから少し離れる。

ふとインガが視線を感じると、ヘクトルがインガをみつめていた。

 

 

~回想~

家庭教師であったヘクトルに大好きと思いを伝え、どうして自分の気持ちをわかってくれないの?とインガは言った。

ヘクトルは”この世にあなたの愛を拒む人間はいない。しかし私は…”

 

 

いつの間にかリーガンはインガの背後に立ち、”あいつが他の女に種をまき散らしていることは言ったけな?”と言う。

”お前の恩師だし礼儀は…”と言いかけたところで、視界の隅にジェイン親子がうつる。

インガの腕を握り、このパーティーを開いた目的を果たそうとジェイン親子の前に向かうリーガン。

既にインガとの挨拶はすませたと言うジェイン伯爵に対し、アデルは父親であるジェイン伯爵の背中にまわりリーガンから隠れようとする。

失礼だろうと言うジェイン伯爵にリーガンは、”例の自己の件は片づきましたか?”と尋ねるのであった。

管理人、ドハマりのおすすめTL『お嬢様はお仕置きが好き』はこちら

感想

ベントリー男だよ(´;ω;`)

リーガンは早くお薬やめましょう。

ヘクトルの蛮行をさらし、インガの中の綺麗なヘクトルのイメージを消したいんでしょうが、やり方が卑怯すぎる。

あんな大勢の前じゃなくてもいいのに。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる