<1歳子持ち専業主婦が建売住宅を購入>購入した理由をランキング化して詳しく語る

家のアイキャッチ画像

こんにちは。かめこです。

先日建売住宅を購入し、ついににローンという名の借金生活が幕開けしました。

かめこ
『念願のマイホーム!やった!ルンルン♬』と、手放しで喜べないのが現実です。

我が家は夫が注文住宅を希望。私はいけるところまでギリギリ賃貸を希望でしたが、結果的に建売住宅購入と至りました。本日は、一家族の建売住宅購入理由についてランキング化したので以下に当てはまる人に読んで頂けたら嬉しいです。

こんな人におすすめ
①注文住宅・中古住宅・マンション購入か建売住宅で迷っている人

②建売住宅は欠陥が多いと聞くけど何が決め手で建売住宅を購入したのか疑問な人

③将来的に建売住宅を購入予定の人で情報収集したい人

それぞれの項目では、感じた注意点(=デメリット)もあわせて記載しますので参考にしていただけたら嬉しいです。

では、早速ランキングを発表していきます。

 

目次

一位:立地・環境(夫・妻)

堂々の第一位です。夫も私も当初からこの分野だけは絶対に妥協出来ませんでした。

夫が重要視したのは勤務地です。40分→15分の通勤時間へと変更です。通勤というのは毎朝毎晩の出来事ですので、できるだけ短時間が好まれますよね。

夫がいつもより遅く家を出るということは、見送る私もいつもり遅く起きる事が可能になって嬉しいです(笑)

一方、私が重要視したのは駅・教育機関・スーパー。全て徒歩15分以内です。

夫は「田舎で車地域なのに駅近は絶対条件なの?必要条件には該当しなくない?」と言ってました。(今回購入した建売住宅は、夫の地元であり車が1人一台ないと生きてはいけない地域です)

反対に私は割と都会っ子(夫に言ったら鼻で笑われそうですが)で育ってきたので、電車通勤でしたし車が1人一台なくとも生きていけます。通学も通勤も、自転車や電車で事足りる地域で育ちました。

元々の育った環境の違いから最後まで駅近に納得はしてくれませんでしたが、私は絶対に絶対に妥協できませんでした。

これから子どもが電車通学を行う場合、駅に近い方が断然通いやすいですし、万が一送り迎え(旦那の飲み会含む)をすることになっても近いので恐らく気が楽です。遠いより近いに越したことはないです。

昨今は事件が多いので、子どものことを考えての絶対条件でした。迎えに行けない事態においても、タクシー利用であれば安くすむ距離です。最悪、自転車を全力で必死にこいでもらえば何とかなるかなと思える距離です。

まぁ徒歩15分が近いか?と言われれば正直微妙なところなのは自覚していますが、これが限界でした。これ以上駅に近いと、土地から購入(注文住宅)となり我が家は破産するでしょう。

・駅近は土地の価格が高い

・駅の利用者数が多い場合、騒音に悩む可能性あり

教育機関

保育園・小学校。こちらは運動会等の行事における騒音問題もあり近いことに賛否両論があるかと思いますが、私はやはり近いに越したことはないと考えています。

子どもが小さいうちの通学時間は長いより短い方が安心できませんか?

・騒音問題

子どものたまり場になりやすい(by夫。友達の家をたまり場にしてた経験あり)

・子どもの道草経験が乏しくなる(by夫。「友達とすぐに一人だけバイバイじゃん。かわいそう。」)

スーパー

こちらも近いに越したことはないですね。年老いて免許返納になった場合でも困らないように、徒歩10分の地域に大型スーパーがあります。徒歩1分とかの距離ですと騒音問題に悩みそうですしこのくらいがベストだと感じました。

・騒音問題

・大型スーパーであれば渋滞の恐れあり

・惣菜などの臭い

★適度に離れていれば、基本的にスーパーが近いことによってのデメリットはないと思います。


 

二位:駐車場三台(夫)

こちらは勤務地に次ぐ、夫の絶対条件でした。”来客者の駐車スペースを必ず確保したい”とのこと。

建売住宅での駐車スペース二台はよく見ますが、三台はなかったので見つけた時は夫婦ともに驚きでした。背伸びして土地から購入しなくて良かったと本気で思いましたし、時間はかかりますが諦めなければ条件に見合う物件はでてくると証明できた瞬間でした。(周りからは諦めて土地を購入したら?と口酸っぱく言われていた時期)

・駐車スペース三台分の土地が広い=価格が高い

 

三位:こだわりがなく、一から決めるのが面倒(妻)

私の元々の性格の問題ですが、正直一から「壁紙」「間取り」「コンセントの位置」etc…決めるのなんてめんどくさ過ぎて無理でした。夫はこだわりがある人ですが、多忙のため最後は私に「よろしくぅ~」って任せるのが目に見えていました。

イヤイヤ期に片足を突っ込んでいる息子を世話しながら、あーだこーだと決めていられません。初めての息子の世話、これから何十年とかけて住む家の細部にわたる打ち合わせとの両立は、とてもじゃないけど無理でしたね。(結婚式でも決めるの多くてしんどかった~)

こればっかりは個人の性格によりますね。こだわりがある人は、注文住宅がやはりベストだと思います。

・オリジナリティは皆無

・外観でわかる人には建売住宅とすぐわかる

とはいえ、最近では建売住宅の先行販売を行っているところもみかけます。

早期の契約ですと外壁材や壁紙・照明などが選べるようです。間取り以外は全てセミオーダーという形になりますね。

かめこ
完全な建売住宅は嫌だ!でも、注文住宅では厳しいという方は建売住宅メーカーを回って先行販売品をリサーチするのも一つの手ですね。

 

四位:間取り・収納が気に入った(夫・妻)

夫が気に入った点は、部屋数が多いため「自分の趣味部屋が持てる~」ってとこです。(私だってマイルーム欲しい)

私が気に入った点は、玄関収納です。玄関を占拠しているベビーカーを早く保管したいです。また、よく使用する上着類もここにハンガー保管しようと思っています。

家を買う=借金生活のスタートで気分があがらない私も、玄関収納だけはテンションアゲアゲです(笑)

・良くも悪くも標準な間取り

・面白味に欠ける

 

五位:搭載設備が気に入った(妻)

これは完全に個人の好みですね。私の場合は、換気扇でした。

これ以前の建売住宅は換気扇に整流板がついていない掃除が面倒なやつですが、今回購入した建売住宅の換気扇には整流版がついていたんです!

掃除が楽なので「良いなぁ~」ってずっと思っていたので整流板がついていて嬉しかったです。

・好きではないメーカーの場合あり

・全体的にグレードが低い

 

建売住宅は欠陥が多いんじゃない?

個人の考え方によりますが、注文住宅であろうと建売住宅であろうと結局のところ下請けの大工さんの力量にかかっていると私は考えています。要は運。

欠陥住宅を防ぐには自ら勉強したり、ホームインスペクションに診断してもらうのも大切だと考えています。(ホームインスペクションの誤診断のデメリットがあるのも忘れずに)

★先行販売で購入した場合、ホームインスペクション(住宅診断士)を基礎の段階からお願いしたりすることも可能。完成後でも、内覧会で同行してもらえれば修正を行ってくれるので住む際には安心ですよね。

かめこ
ホームインスペクション代金は決して安くはありませんが、一生住むであろう家の安心材料をお金で買うのも一つの選択肢ですね

 

まとめ:建売住宅を買うと決めたら諦めずに探し続けよう

家を決めなくてはいけない期限(子どもの小学校入学等)がなければ、探し続けるのも一つの選択肢です。

良い物件は市場に出るまでに紹介で誰かの手に渡ります。不動産屋やハウスメーカーに何度も通っていれば、紹介される可能性もあります。

夫婦二人が納得のいく建売住宅に出会えるといいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる