見積金額公開★パンダマークのサカイ引越しセンターを選んだ理由(見積の流れ)

アイキャッチ画像

先日、引越し業者3社を選定して見積依頼をしました。

そして、我が家は最終的にパンダマークのサカイ引越しセンターに決定!

これから引越し業者に見積り依頼する方や、サカイ引越しセンターが気になっている方の参考になれば嬉しいです。

かめこ
人生初の見積体験でした!
目次

引越し業者への見積依頼の流れ

とある日の午前中、旦那と引越し業者を3社選定しました。

選定した3社は以下になります。(選定理由は割引券が手元にあったからです)

・○ー○引越しセンター

・○○さんマークの引越しセンター

・サカイ引越しセンター

電話での個々の依頼は面倒なので、我が家は各社サイトからネットで依頼を行いました。

 

各社サイトでは以下を記載しました。事前に必ず決めておきましょう。

・見積希望日(自宅に営業マンが来ます)

・引越し希望日(第3位まで決めました)

依頼を全て行ったら後は引越し業者からの電話を待つのみです。


20分後にサカイから電話がくる

ネット依頼終了後、ソファでゆっくりしていたら旦那のスマホが鳴りました。

サカイ引越しセンターからの電話でした。

かめこ
夜には連絡くるかなぁ~と思っていたので、20分後に連絡がくるとは驚きでした。

サカイ「本日伺えますが、ご都合いかがでしょうか?」

旦那「あーじゃあ、○○時でお願いします。」といった形であっという間に決まりました。

ちなみに、見積希望日は4日後に設定して依頼を行っていました。

サカイの迅速な対応に驚きです。

急いでリビングの掃除、リビングに散らかっていたおもちゃ等は隣の和室にガンガン入れてドアを閉めて営業さんを待ち構えていました。(後にこの作業は意味が無いと知る…。)

サカイ引越しセンターの営業マン現る!

ピンポーンとインターホンが鳴り、旦那と一緒にお出迎え。

50歳手前?の男性でした。

リビングに通して、旦那に名刺を渡します。

その次はソファに座るかと思いきや、「この度は見積依頼を有難うございます。」とお米一kgや雑誌を貰いました。

商品名「いわて純情米」

岩手県産のひとめぼれでした。いやーお米は有り難いですよね!

お米

こちらは「キッチリサカイの大百貨」という雑誌です。

前半はサカイ引越しセンターの品質やサービス等の会社情報。後半は引越しに必要な家電や家具の通販雑誌でした。(価格は安いのもあれば高いもあるといった感じでマチマチ。ペラペラっとめくってそれ以来見ていないです。町の電気屋の方が交渉次第で価格が下がるし、保証もついているので町の電気屋をおすすめします。)

サカイの大百貨

こちらも通販雑誌ですね。袋も開けずに放置です。

dinos

見積スタート

見積は以下の流れで行いました。

①再度、引越し希望日の確認

②運ぶ家具の確認

③家具の目視確認

④オプションの確認

⑤見積の提示

①再度、引越し希望日の確認

再度、引越し希望日を聞かれました。

②運ぶ家具の確認

営業マンから「全て運びますか?」と確認がありました。

我が家は引越し代を節約したかったので、必要最低限の重量がある家具の運びをお願いしました。

クイーンベッド・洗濯機・リビングテーブル・ソファ・テレビ・テレビボード・旦那のゲームPC関連・PCテーブル

③家具の目視確認

「一つずつ家具を確認していきますね~。旦那さん、案内をお願いします。」との一言で、運ぶ家具を全て目視確認していきました。

かめこ
おもちゃで散らかった和室もバッチリ確認していきました。全室掃除を入念に行うべきだったと反省。恥ずかしかったです。

④オプションの確認

我が家は”洗濯機の配線”のオプションをつけました。価格は4,000円。他にもテレビ配線やエアコン配線などがありました。

かめこ
年配の方には有り難いサービスですね。

⑤見積の提示

ソファにて営業トークがスタートしました。

我が家は以下内容を希望しました。

・新居でまだまだお金がかかるので必要最低限の家具のみをお願いしたい

・Kタイプ一台では対応可能かの確認

Kタイプというのは、以下に記載したようにトラックの種類となります。(サカイver)

参考になさって下さい。

軽四ー軽トラックで簡単な引越し

Hタイプー約3畳分の広さ*全面道路3m以上必要

Kタイプー約6畳分の広さ*全面道路4m以上必要

SLタイプ(4トントラック)ー約9畳分の広さ*全面道路6m以上必要

GLタイプー約12畳分の広さ*全面道路8~10m以上必要

 

その後、見積が提示されました。見積金額は156,600円(消費税額を含む)

かめこ
『いや、高すぎやろ』と私は思いました

営業マンの言い分は

・家具を確認したがKタイプでは載りきらない。HタイプとKタイプの組み合わなら可能だが、載りきらない分は自分たちで運ぶことになる

・SLタイプのトラック1台のみを使用して全ての荷物を運ばせてほしい

・まだ小さいお子さんもいるので午前中にしておきました

とのこと。

HタイプとKタイプの組み合わせの場合の見積金額は126,600円(消費税額を含む)

その差は約3万円。自分達で汗水たらして運んで安くおさえるか、3万円多く出して全てをお願いするか…迷うところです。

とはいえ、この金額のまま契約するつもりはありませんので旦那が交渉をスタートします。

我が家のデータ

旦那の交渉の前に、ここでいったん我が家のデータを整理します。

・家族三人

・現住まいが2LDK

・新居は5LDK

・移動距離は20km以内

・移動時間は30分以内

・希望引越し日は休日

・希望時間帯は特になし

同じような家庭の方の参考になれば嬉しいです

旦那の交渉スタート

旦那が「うーん。SLタイプは選択肢に入ってないので。少しでも節約したいんで自分達で頑張ります。」を何度か言うと

サカイ「3万円の差で悩むようでしたら、何とか縮めれるように上長に相談してみます。」と玄関から出ていき外で上司と会話。

その後の提示金額は総額11万。

かめこ
『いや、そこは10万円をきってくれー』と私は思いました

その金額以降、旦那は「他社との合見積もりしているので、こちらで一旦預からせて下さい。決定しましたらご連絡します。」を連呼。

この場で契約を勝ち取りたい営業マンも負けじと交渉をしてきます。

「休日ですが平日金額にします。」

「午後にしたら安くするので午後に変更しますね。」

「お早いご連絡だったのでその分気持ち引きますね。」

あれよあれよと下がる見積金額…。

かめこ
実働価格が気になるところです

最終的に旦那の「8万円以内なら即決します。」で営業マンが提示した金額が…

最終金額(契約金額)は

最終金額(契約金額)は79,920円(消費税額を含む)

安いと感じた私達はその場で契約を行いました。あと、旦那が上記のとおり宣言した手前もあって…。

その時は何度も旦那と「安いね~」なんて言ってましたが、正直もう2万円ぐらいは下げれたのかと思います。いや、下げれた。

かめこ
事前に様々なサイトで情報は取得していましたが、情報不足感は否めません。もう少し値切るべきでした。

安く引越しを行うには

今回得た安く引越しを行う方法をまとめます。

安く引越しを行う方法

・上旬

・1ヵ月前など早く予約する

・午後

・平日

・オプションをつけない

可能な限り、早めに予約をしましょう。こちらからの交渉材料にも使えますし、逆算して引越し準備の予定を立てることができます。

引越し当日に荷造りが完了してないと、追加料金(荷造り代金として)を請求されちゃいますよ!!

まとめ

サカイに即決したのは値段もありますが、やはり品質。引越業界5年連続、売上・件数ともにNO1なのが魅力的。

新居ですし絶対に傷つけられたくないので、マイスター制度も重要だと感じました。

 

引越しまで、一か月半ほど。梱包頑張ります。

後日、当日の様子なども記事にしますね。また参考にして頂けたら嬉しいです。

かめこ
こんな記事書いて品質悪かったら泣いちゃう
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる