【10話】<欲しいのは君だけ> ネタバレ・感想

目次

前回まで

晩御飯に樹の好物を作った実咲。

帰宅した樹は、晩御飯を見て嬉しくなるのだった。

【10話】<欲しいのは君だけ> ネタバレ

自分の好物がならんだ晩御飯を見て嬉しく思う樹。

実咲を探すと、実咲はソファで眠っていた。

”寝るなら部屋で寝ろよな”と思うも、寝ている実咲の姿にドキドキする樹。

”実咲”と体をゆすり呼び起こすと、実咲は笑顔で”帰ってきてたの?”と言った。

しかし、実際のところ実咲は目覚めておらず、夢の中で過去の優しい樹をみていた。

 

 

樹は思わず、実咲の頬に触れキスをする。

そこで目覚めた実咲。

”樹さんっ!?”と驚き、樹を押しのけようとするも樹は実咲を離さない。

”お願いやめて!”と実咲が声を荒げた瞬間に、ハッとして樹は実咲を離した。

”悪い、忘れてくれ”とその場を去る樹。

実咲は体の震えと涙がとまらず泣き続けた。

 

 

ふと、実咲が目を覚ました。部屋のドアの前で泣き続けて眠ってしまった様子。

時間を確認をすると陽翔と会う時間になっていた。

急いで用意をして陽翔に会う実咲。

 

 

陽翔と沙耶に会う。

陽翔は実咲が恋しく、実咲に抱きつく。

”ママに会いたかったよ”。”ママと一予に寝たい”。と実咲にたくさん甘える。

そんな陽翔に実咲は、”もう少ししたら迎えに行くからね。待っててね。”と返す。

 

 

実咲、陽翔、沙耶の三人ででかける。

和気あいあいと楽しんでいる三人の後ろには、スーツ姿でサングラスをかけている男が実咲を監視していた。

管理人、ドハマりのおすすめTL『お嬢様はお仕置きが好き』はこちら

感想

実咲が可哀想。無理矢理キスは最低です。

久々登場の陽翔が可愛いよう。

”ぼくママと一緒に寝たい”

このセリフに胸がジーンとしました。

ママと一緒に寝たいよね(´;ω;`)

最後の監視していた人は樹側?

それとも遺言でもめてたあの叔母さんの手先?謎。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる